◆3月18日 旧東海道①・川崎宿を歩く(終了しました)

六郷の渡し跡
六郷の渡し跡

神奈川県下には東海道の宿場が九宿あります。その一番江戸寄りが川崎宿です。川崎宿は元和9(1623)年に設けられました。旅人はこの六郷の渡しから対岸へ船で渡ります。明治天皇は六郷川に船を繋ぎその上に板を張った船橋を渡って東幸されました。

六郷の渡し跡で解説
六郷の渡し跡で解説

好天に恵まれ、今日は22名の方が参加されました。いよいよ春です。暖かい日差のなか、川崎宿を歩きます。

万年屋跡
万年屋跡

ここは奈良茶飯で有名になった「万年屋」の跡です。十返舎一九の「東海道中膝栗毛」にも描かれ、弥二さん、喜多さんもここで名物の奈良茶飯を食べました。幕末にはアメリカの総領事ハリスや、明治10年には皇女和宮も宿泊しています。

宗三寺
宗三寺

川崎で一番の古刹、宗三寺です。この境内には「紅燈巷女萬霊供養塔」と書かれた飯盛女の供養塚があります。

供養塔
供養塔

今日はお彼岸の入りです。花が供えられています。

砂子の里資料館
砂子の里資料館

砂子の里資料館という浮世絵専門の美術館(無料)です。今日は、歌川広重「五十三次名所図会と細見図会」展を開催中で、東海道中を浮世絵で鑑賞しました。

佐藤惣之助レリーフ
佐藤惣之助レリーフ

佐藤本陣跡にある佐藤惣之助のレリーフです。ここで生まれた惣之助は昭和を代表する作詞家として有名で、作品には「六甲おろし」「人生劇場」「青い背広で」「人生の並木道」などがあります。

教安寺
教安寺

浄土宗のお寺です。山門の前には富士講の信者が建てた石灯籠があり、宿内安全と書かれています。また境内には文化13年に川崎宿の人々により建てられた徳本上人の六字名号碑があります。

川崎小学校
川崎小学校

川崎小学校は川崎で最も古い小学校で、明治6年に建てられました。卒業生には前出の佐藤惣之助や「上を向いて歩こう」で有名な歌手坂本九がいます。校門の脇にはその碑とレトロな郵便ポストが置かれています。

芭蕉句碑
芭蕉句碑

元禄7(1694)年、故郷の伊賀に戻る際に門人たちと別れを惜しんで読んだ芭蕉の句碑です。「麦の穂を たよりにつかむ 別かな」と書かれています。この年の12月に芭蕉は大坂で亡くなりました。

八丁畷無縁塚
八丁畷無縁塚

川崎宿では震災や大火、洪水、飢饉などで多くの人が命を失っています。その人たちを供養するため、昭和9(1934)年に供養塔が建てられました。

 

こちらで今日は解散です。旧東海道の旅はこれからも続きます。